読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「風立ちぬ」で松任谷由美の偉大さを知る

宮崎駿の「風立ちぬ」を観る。

以下、ネタバレ感想。

 

序盤、何事かを成し遂げた人による、人生とはこうあるべきだという物語に見えて、素直に楽しめなかった。

過剰にそういう見え方がしてしまうところが、自分のダメさを表しているんだろうなあと思える作品、そんな風に感想を綴ろうかと思っていた。

 

中盤、宮崎駿のまさかのベタベタなラブコメ展開に悶える。宮崎駿が結核の美少女とか反則すぎる。

 

終盤、あっさりとした幕切れに唸る。

人生を掛けた夢は兵器となり、美しい飛行機は敗北を止めることは出来ない。

何かを込めたくなりそうな物語について、反戦を煽るわけでもなく、テクノロジーを呪うわけでもなく、偉業を称賛するでもなく、ただただエンドロールで松任谷由美の「ひこうき雲」名曲ぶりだけが圧倒的な説得力を放ちながら、流れて終わる。

そんな幕切れのぽっかりとした感じと、そんなぽっかり感を余す所なく受け止める「ひこうき雲」がすごい。

松任谷由美、天才過ぎる。

広告を非表示にする